会社概要

社是

挑戦なくして技術の革新はなしえない

協栄金型工業株式会社

社長挨拶

協栄金型工業社屋外観表彰

当社は40年以上プラスチック金型の業務に携わっております。
創業当初より自動車に関する部品の作成が難しいといわれる金型の製作に従事してきました。製造業の中枢を担う金型産業の分野では、厳しいコスト競争力への対応、より高い品質保証、リアルタイムな金型の供給が昨今求められています。

当社は、こうした時代を飛躍の時代と考え、多彩なニーズに答えるべく最新鋭の機械設備をしております。また、独自の金型生産システムを構築して金型製作に従事し、より良い金型をお客様に提供しております。

より良いものを作るための技術の進歩は永遠であります。
当社は常にチャレンジャーとして積極的に挑戦する事で、『お客様に喜んで頂ける金型が提供できる』 と確信しております。
そして、今後も技術力では絶対負けない企業であり続けるように努力して参る所存です。

代表取締役関 則幸

会社概要

社名 協栄金型工業株式会社
創立 昭和47年1月
資本金 1,000万円
代表取締役社長 関 則幸
本社 〒330-0061
埼玉県さいたま市 浦和区常盤3-11-1
工場 〒330-0073
埼玉県さいたま市 岩槻区上野4-3-5
TEL:048-795-1181/FAX:048-795-1103
URL:http://www.kyouei-kanagata.com/
敷地 905m3(岩槻工場)
総建築面積 854m3(岩槻工場)
事業内容 プラスチック金型の設計製作
主要取引銀行
  • みずほ銀行浦和支店
  • 足利銀行浦和支店
  • 武蔵野銀行武蔵野浦和支店
  • 埼玉縣信用金庫東岩槻支店
  • 群馬銀行大宮支店
主要取引先 市光工業株式会社
株式会社ミツバ
河西工業株式会社 その他

沿革

1972年 関 猛が埼玉県浦和市(現さいたま市)に協栄金型工業有限会社を設立
1985年 NCフライス盤、ワイヤー放電加工機を設備
1986年 自動プロTOOL1を設備
1987年 マシニングセンターFDNC106 とDNCシステムμDMSを設備してDNC運転にての金型加工を開始
1988年 自動プロTAM BOYを設備して、自動プロによるレンズカットのDNC加工を開始
1989年 埼玉県岩槻市(現さいたま市)に新工場を設立
工場新設に伴い、グラファイト加工機、デジタイジング機、放電加工機を新工場に設備する
1991年 ワイヤ放電加工機1台、マシニングセンター2台増設、μDMSをμDMS2に変更
1992年 CAD/CAM(Camand)を導入して3Dデータ(iges)の読込みを開始してモデルレス化を実現
1995年 資本金を1,000万円に増資し、協栄金型工業株式会社に社名変更
1996年 牧野フライス製高速加工のマシニングセンターを設備し高速加工を開始
1998年 SDRC社製I-DEASを3台導入しソリッドモデルによる金型設計を開始
2003年 ダッソーシステムズ社製CATIA-V5を導入
2004年~2011年 リードタイム短縮のために、高速加工機、放電加工機を増設し、微細なレンズカット面の高速加工を実現し、リードタイムを短縮される
2014年 代表取締役社長 関 猛が代表取締役会長に就き、関 則幸が代表取締役社長に就任する
2015年 微細加工用のマシニングセンターを設備

アクセス

電車ご利用の場合

  • 大宮駅より東武野田線(岩槻行き以外)に乗車16分、東岩槻駅下車
  • 東武伊勢崎線春日部駅から東武野田線大宮行き乗車7分、東岩槻駅下車
  • 東岩槻駅よりタクシー(第三交通)で10分(「工業団地の協栄金型まで!」)

自動車ご利用の場合

東北自動車道からの場合

  • 岩槻ICから 国道16号線をさいたま市方面へ 、「深作 南」 信号右折。
  • 岩槻ICから 国道16号線を野田方面へ 、「南平野」 信号左折